COLUMN EAST TOKYO by IKEGAMI at ARTIST-UNION

江東区民まつり

2012.10.26

アーティストユニオンのイケガミです。

少し前にご紹介した“江東区民まつり”に行ってきました。
残念ながら角乗りを見ることはできなかったのですが、天気も良すぎるくらいの晴れと暖かさで、あの広大な木場公園が埋め尽くされるほどの人出でした。

それにしてもあの広さの中にぎっしりと出店されているので、1つ1つのテントを見ていくだけでも1日かかってしまいそう!
ちらっと見て歩くだけでもヘトヘトです。

 


公園の北側には地元企業や作業所、青果や飲食のお店が主に並び、運動場では運動会も開かれていたようです。
南側には東北も含むいろいろな地方自治体のテントがあり、物産展さながらに名物料理や産物が販売されていました。
公園内に2つあるステージでも様々な催し物がやっていましたよ。
我が家が会場に到着したときはちょうどドラえもんショーの真っ最中。ショーの中身よりも、自分が知っている頃からすっかり様変わりした声優陣に驚いてしまいましたが…(笑)。

他の区民まつり(に類似する催事なども含め)にあまり行ったことがないのですが、江東区民まつりはなぜか毎年足を運んでしまいます。
主な理由は目当ての地元企業商品があることです。
そんなこと?と思ってしまいますが、それってとても大事ですよね。
地元(正確には違いますが、近隣にという意味で。)に贔屓にしたい企業があるって素敵なことです。
墨田区のすみだまつりにも行ってみたかったのですが今年は残念ながら行けなかったので来年リトライする予定です!

会場を回って私が見た中で面白かったのは、子ども向けにやっていた駕籠。
人力車もありましたが、人力車は浅草やスカイツリー周辺でよく見かけるので、あまり見かけない駕籠は新鮮です。
江戸の昔もこのあたりをこうして道中駕籠が走っていたのかしら…と思いを馳せる秋の木場公園でした。

 

タグ:

back to list →

TAG

ABOUT

TAE IKEGAMI

IKEGAMI