COLUMN EAST TOKYO by IKEGAMI at ARTIST-UNION

夢の島公園

2015.11.18

アーティストユニオンのMARU-Gです。

ハロウィンの時期、夢の島公園へ行ってきました。
実は東京に40年以上も住んでいながら、夢の島に行ったのはこれが初めて。
なかなか機会がないと行かない場所なのかもしれません。

公園は明治通りを挟んで東側と西側に分かれていますが、敷地面積は併せて40万平方メートルもあるそうです!
よく使われる例えで言えば、東京ドーム約10個分でしょうか(笑)
今回は夢の島熱帯植物園にも行ってみたい、ということで植物園のある東側のみを歩きました。

最寄りの新木場駅を降りて公園方面に向かうと、入り口が見えます。
と、これがトラップでした(笑)
今回私たちが入り口と思ったのは本当の入り口ではなく、公園に寄り添うようにある遊歩道のような森。
森の中の道を歩けど歩けど、公園には入れないのです。ガーン!
車道を挟んだフェンスの向こうに夢の島公園は見えているのに…。
でも、この森(道?)は穴場です!
この時期、子どもたちの楽しみと言えば木の実拾い。
その木の実がそこらじゅうに散らばって落ちています。
さまざまな種類のドングリも、まつぼっくりも、味のある色の落ち葉や枝…。
我が家の子どもたちもレジ袋いっぱいに拾っていました。
まあ負け惜しみかもしれませんが、むしろこの道を歩けてよかったです(笑)

ということで気を取り直してもう一度明治通りまで戻り、夢の島公園の入り口に到着しました。

東側から入るとすぐに大きな陸上競技場があります。
この日はここでどこかの企業の運動会をやっていたようで、とても賑やかでした。
もう少し進むと多目的コロシアムと名の付いた芝生の広場があります。
円形の、緩やかな傾斜のついたすり鉢状の芝生で、周りには大きな樹木が生えています。
大人は木のところでシートを敷いてくつろぎ、子どもたちは芝生を駆け回る。
天気が良ければお弁当を食べる場所にも最適です。


多目的コロシアムのすぐ近くに熱帯植物園がありました。
隣接した新江東清掃工場の余熱を利用した植物園だそうです。
ハロウィンにちなんで庭には巨大かぼちゃが置かれていました。
子どもたちはかぼちゃを転がしたり、かぼちゃに乗っかったり、自由に遊んでいましたよ。
中に入ると大温室を初めとして映像ホールやギャラリーなどの展示がありましたが、思っていたより大温室は小さかったです。
でもその中に多様な植物があるので、歩き疲れることなく見学できてよいなと思いました。
一番印象に残ったのは食虫植物の展示室。
ちょっと怖かったです。

海のすぐ近くなので海風が冷たく、これからの季節はちょっと厳しいかもしれませんが、春や秋の天気の良い日にはピクニックやデートにぴったりな場所だと思いますよ!

タグ:

back to list →

TAG

ABOUT

TAE IKEGAMI

IKEGAMI