COLUMN EAST TOKYO by IKEGAMI at ARTIST-UNION

初詣2016:富岡八幡宮

2016.02.18

アーティストユニオンのMARU-Gです。
前回に引き続き、初詣のレポートです。
深川不動堂の後は、同じ永代通り沿いにある歩いてすぐの富岡八幡宮へ。

初詣にかかわらず、この2つの寺社は“はしご”して参拝される方が多いようです。
富岡八幡宮は江戸初期に建立されました。
徳川家の保護を受けていたこともあり、「深川の八幡様」として人気があったんだとか。
訪れてみると、深川不動堂と違いこちらは神社なので入ってすぐのところに大きな鳥居があります。
鳥居をくぐると参道脇に相撲に関する石碑がいくつかならんでいますが、これはこの場所が江戸勧進相撲発祥の地だからなんだそうです。
なんと当時は境内で本場所が開催されていました。
現在でも新しい横綱が誕生した際には、この富岡 八幡宮でも奉納土俵入りが行われています。
初詣のときは長時間並ぶので、石碑群を眺めながら時間をつぶすのもいいですね。
石碑の中には“巨人力士身長碑”というものもあったりして、見ていて面白いですよ。

また反対側の参道脇には、巨大神輿が展示されています。
“水かけ神輿”で、よく夏場のニュースでも扱われている深川八幡祭の神輿です。
展示の説明をよく読んでみると…なんと、神輿上部に飾られた鳳凰の目などに宝石がちりばめられていました!
町内で見かける神輿とは段違いの大きさ、そして宝石も飾られたきらびやかな姿は圧巻で、一見の価値ありです。

境内奥まで進むとようやく本堂が見えてきます。
正月だったので本堂の前にはお守りや破魔矢などを売る仮設テン トの売店が設置されていました。
富岡八幡宮の由来の説のひとつに「武蔵国に永代島というあり…(略)…白羽の矢たちたらん」という夢告げがあったというものがあり、それにちなんで“開運白羽の矢”が売られているそうです。

無事に2か所を参拝し終えて思ったことは、門前仲町って見どころがたくさんある!ということです。
築地と両国の間にあるので、この3か所を巡れば江戸下町観光はばっちりでしょう。
その後、浅草方面に足を延ばしてもよし、スカイツリー方面へ行ってもよし。
たまたま恵方詣りを知って訪れてみた門前仲町でしたが、どの場所にも引けを取らないほど面白い町でしたよ!

タグ:

back to list →

TAG

ABOUT

TAE IKEGAMI

IKEGAMI