WikipediaとEveripedia – Web制作 / 映像制作 ホームページ制作ならアーティストユニオン

株式会社アーティストユニオン

Newsネットなう

WikipediaとEveripedia


Wikipediaの共同設立者の一人であったラリー・サンガーが、より進化したオンライン百科事典を標榜する競合サービスである「Everipedia」のCIOに就任したようです(’17年12月)。

さらにこのEveripediaは、2018年より同サービスにブロックチェーン技術を導入するとか。ブロックチェーンとは、昨今話題のビットコインの仕組の中核をなす技術です。

元よりEveripediaは記事の作成・編集等を行うユーザーにIQという独自のポイントを付与していたのですが、これがブロックチェーンと紐づくことにより、編集者は記事のキュレートに対するインセンティヴとしてトークンを手にすることが可能となるわけです。

このことは、WikipediaとEveripediaという二つのサービスの質を、決定的に変えてしまうかもしれません。

Everipediaにおいて、記事の編纂に携わる者は配当を受け取るために、より公正で客観的な態度を求められることになります。場合によっては、ポイント(トークン)を没収されてしまうことも有り得るからです。

こうした仕組みがサービスの本質的な質の向上にどれほど寄与するのか、実際の所はこれからはっきりしていくことでしょうが、いずれにせよこれまで当たり前だった“Wikipedia一強”の時代も、もしかしたら少しづつ変わっていくかもしれません。

T.K.