株式会社アーティストユニオン

Newsネットなう

スパムメールについて

セキュリティの合間をくぐって毎日送られてくる迷惑な「スパムメール」。
無差別かつ大量に一括送信されるこのメールの一部には「ウィルスメール」が含まれ、添付されているファイルがウィルスそのものである場合が多いという恐ろしいものです。
何気なく使っているこの「スパムメール」という言葉。みなさんは何故「スパム」と呼ばれるのか、ご存知でしょうか。
今更ですが、調べてみました。


スパムは通常「Spam」という缶詰の肉を示します。
時は遡り、第二次世界大戦後、日本やドイツと同様にイギリスの経済も急降下しました。
イギリス人にとって「Spam」はけっして美味しいものではなかったのですが、加工していないお肉の値段には手が届かなったため、お金がなかったイギリスにはアメリカから輸入したスパムが山ほどありました。
そのため、当時流行ったモンティ・パイソンというTVのコメディー番組では、「Spam」についてのコントが作られました。
コントでは沢山の「Spam」を売っているレストランがあり、コントの途中で、「Spam! Spam! Spam!」という曲を皆が歌い、迷惑をかけます。

この番組はある種のファンの間でとても人気があり、当時迷惑メールというものが流行りだしたころ、あるファンが迷惑メールを「Spam」と呼びました。
それ以来、英語で迷惑メールは「Spam」や「Spam mail」と呼ばれるようになったそうです。

そんなこんなで今日も「スパムメール」は届くわけですが、こんな語源を知ると、恐ろしい本体とは裏腹なエピソードにほんの少しだけ心が和むのは気のせいでしょうか。

by J.S