株式会社アーティストユニオン

News子育て日記

アラフォー子育て日記 Vol.96

4月からの新年度、小学校高学年になるうちの上の子。
先日出席した保護者会の説明によると、高学年は英語の授業が週2日(年間50時間程度~)になるそうです。
正確には「外国語活動」ですが、「聞く」「話す」に加えて「読む」「書く」という活動をしつつ、英語によるコミュニケーション力を育てていこうという趣旨のようです。

昨今子どもの習い事で人気の高い英会話ですが、我が家では習わせていません。
そのせいなのか、上の子は「英語、苦手・・・」と心配なことを言っています。
今からそんなことで、中学校に入ったらどうなってしまうんでしょう?!
それでも私自身の考えとしては、確かに外国語を操れる力が付けば将来役に立つと思うのですが、自分で「やりたい!」と思ったときが一番いいタイミングなのかなと感じています。
でも、幼い頃から触れていれば特段構えなくても自然と身についていくというのもよくわかるのです。
英会話は習い事としては月謝が高額な方ですし、親としては悩ましいところですね。

現場の先生たちもご苦労なさっているとは思いますが、英会話に通わずとも、できるだけ学校の中で質の良い授業を受けることができ、子どもの英語への意欲があがってくれるといいなあと思うアラフォー母なのでした。

参考サイト:こどもまなび☆ラボ
『あなたのお子さんの年は移行期?全面実施期?3分でわかる「小学校英語教育」』
https://kodomo-manabi-labo.net/elementary-school-english