株式会社アーティストユニオン

News子育て日記

アラフォー子育て日記 Vol.99

先日こんな記事を見かけました。

『いつまで手をつなぐ?自立して欲しい反面・・・、寂しい子どもの親離れ』
https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=37816

我が家の子どもたちは小学生高学年・中学年ですが、まだまだ親と手をつなぎたがります。
上の子は少し遠慮しながら恥ずかしそうにはしていますが、自分から手を出してきます。
下の子は未だに「お母さんと手をつなぐのは私!」とばかりにいつでも私の手を独占していたい様子。

よく考えたら、当たり前と思っていたこの「子どもと手をつなぐ」ということも、もう少しで卒業しなければならないんですね!
確かに寂しい。

ときには思いっきり体重を掛けてくる子どもに「重いよ~!止めて!」とイライラすることもあったけど、それも贅沢な時間なのですね。
そう思うと、嫌がらずに「つなぎたいって思ってもらえるうちが花」と思って子どもとの幸せな時間を楽しみたいなと思えてきました。

次に手をつないでもらうのは、おばあちゃんになって足元のおぼつかなくなった頃かしら・・・と、そう遠くないであろう将来を想像したりする思うアラフォー母なのでした。