株式会社アーティストユニオン

NewsおすすめMOVIE

『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』

公開:2010年中国
監督:ツイ・ハーク
出演:アンディ・ラウ

【概要】
689年、則天武后が仏塔「通天仏」の建設を進める唐で、政府の要人が突然発火して黒こげになる怪事件が多発していた。
則天武后は、8年前に皇帝が亡くなった際にその座についた彼女を非難して投獄された
判事・ディー・レンチェ(狄仁傑)を呼び戻し、彼女の側近であるチンアル(静児)を監視役につかせたうえで事件の解決にあたらせた。

中国のシャーロックホームズと言われるディー判事シリーズの映画化です。
歴史ものの雰囲気のある、ツイ・ハークワールド全開の映画です。
スケールが大きく、アクション満載。
細かい設定にこだわる人や、理不尽なオチが許せない人にはお薦めしませんが、そうでなければ楽しめると思います。
続編もお薦めです。