株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

パスワード付きzipファイル

平井卓也デジタル改革担当相が11月17日の定例会見で、中央省庁の職員がデータをメールで送信する際にパスワード付きzipファイルで行うことを取りやめると発表しました。

セキュリティを担保するために慣例的に行われていることですが、十分なセキュリティ強度を確保するのは難しいですし、そのためにかかる時間がもったいないことが大きな理由だと思われます。

この方法は本来、暗号化ファイルのパスワードを電話などメール以外の別の経路を利用して伝えなければ意味がありません。
または事前にパスワードをやり取りする両者で決めておいて、データ送信時にはパスワードをやり取りしないという方法もあるかもしれません。
いずれにしてもパスワードそのものの強度も必要になります。8桁程度のパスワードでは通常業務に利用しているPCでも半日程度で解析できてしまう可能性があります。

そういったことから、機密性の高いファイルをやり取りする際はOneDriveやGoogle Drive、PrimeDriveなどオンラインストレージを利用した方が良いのではないでしょうか。