株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

どうなる?スマホ画面!

iPhone12が発売されてひと月ほど経ちましたが、すでに購入された方はいらっしゃいますか?
最近スマホサイトを新規デザインするにあたって、最小の画面サイズ(iPhone5/SE)を基準に作り続けることにも疑問を感じていましたが、
iPhone12 PRO MAXの画面サイズを知ってさらに困惑しました。

スマホ画面においては、PC画面の2倍のサイズでデザインを作成しています。
といいますのも、「Retina」と呼ばれる高画素密度を保持した高画素ディスプレイに対応するためです。
iPhone4からRetinaディスプレイが採用されバージョンアップとともに改良されているため、画像は2倍以上の密度が要求されるようになりました。
iPhone5/SEの場合、実際のサイズはポイント換算すると幅320ptですが、画像の密度は2倍となるので640px幅でデザイン作成します。

iPhone12 PRO MAXの画面サイズは1284x2778pxで、iPhone5/SEは640x1136pxですので、その差は2倍の開きがあるわけです。
なんてこった!基準がますます定めにくいじゃありませんか!

両極端な例で比較してみましたが、どちらのユーザーも現状は少数派なのがせめてもの救いです。
それにしても今後の動向には十分気をつけなくては……