株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

無料アプリがマルウェアに…

https://news.mynavi.jp/article/20210210-1714201/
https://news.mynavi.jp/article/20210215-1733044/

米国の話ではありますが、バーコード読み取りアプリが開発元の買収により、マルウェアに変わってしまったという事件がありました。

似たような事例ではGoogle Chromeの広告ブロックの機能拡張だった「Nano Defender」が別の開発者に買収されアップデートによりマルウェアになってしまった
ことも記憶に新しいところです。

https://280blocker.net/blog/20201016/2590/

利用しているアプリやブラウザの機能拡張などの開発元が変わった場合は気を付ける必要があるかと思います。
普段使っている便利機能の裏でいつのまにか通信内容が外部サーバーに送信されるようになってしまったりするかもしれません。

あくまで個人的な意見ですがブラウザの機能拡張については自動更新をオフにした方がよいでしょう。