株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

日本のサイバー能力について

英国のシンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は2021/6/28にサイバー、デジタル分野の総合的な実力で日本が主要国に見劣りし、最下位の3番手グループに位置すると発表しました。
特にサイバー防衛の分野で遅れているためと発表されました。

ランキング順位として米国がトップ、2番手グループに中国、ロシア、イスラエル、英国、フランス。
そしてイラン、インド、インドネシア、北朝鮮などと同じグループである3番手に日本が位置されているとのことです。

確かに以前あったLINEの情報漏洩問題や○○会社がサイバー攻撃にあり情報漏洩しましたなど、ニュースで取り上げられることが多いような気がします。
今後さらにIT化が進むにつれ、このようなサイバー攻撃等が増えていくと思うので企業間でサイバー攻撃に対する情報を共有し防いでいくことができれば、少なくとも最下位グループからは脱却できるのではないでしょうか。