株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

解像度

知っているようでよく分からない解像度について紹介いたします。

テレビが売っている店舗で必ず見る「4K」「8K」などの「K」とはSI接頭辞(エスアイせっとうじ)という単位でKは1,000を表します。

テレビでいうところでは、
「2K」は横1920×縦1080でフルハイビジョンとも言い、横のサイズがほぼ2000なので2K
「4K」は横3840×縦2160で4K UHD・QFHD・4K ウルトラHDとも言います。
「8K」は横7680×縦4320でスーパーハイビジョン・8K UHDとも言います。

テレビチューナーやパソコンにも解像度はありますが、厄介になってくるのがHDMIとモニターです。

HDMIもバージョンがあり、モニターにも対応解像度があります。
4Kチューナー買ってもモニターやHDMIで4Kが見れない場合や、低解像度の出力になってしまう場合があります。

HDMIやモニターにも対応解像度がありますので買うときは注意した方がいいです。