株式会社アーティストユニオンウェブサイトのデザイン・開発・運用サービス

Newsスタッフコラム

おすすめの本「馬上の星 -小説・馬援伝」

今回紹介する書籍は
宮城谷昌光「馬上の星 -小説・馬援伝」

曾祖父が謀反に連座したことから、馬氏は長く官位から遠ざかっていた。
王莽の世になってようやく官位を得た兄たちはそれぞれ家を出て、末子の馬援は家主となるが、ひょんなことから追われる身になってしまう。
北地へ逃げた馬援は牧場経営を始め、成功を収めるものの、王莽への反乱軍が各地で蜂起、新たな政権が乱立する戦国の世に、馬援も巻き込まれてゆく。
光武帝・劉秀のもとで後漢統一のために力を尽くした武将・馬援の若き日々を描く。

伏破将軍と呼ばれた馬援の物語で、子孫には三国志に出てくる馬騰、馬超がいます。
普通なら官僚や武将として出世していく時代に牧畜で成功していくという一風変わった経歴の人物です。
『草原の風』、『呉漢』とは全く別の視点(地理的にも立場的にも)で後漢王朝草創期の物語を楽しむことができます。