株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

薬食同源~しょうが~

私は生姜が大好きで、必ず冷蔵庫には生姜をストックしています。
炒め物にはみじん切り、お味噌汁にはすりおろしと、ドバドバ入れて食べています。

さてこの「生姜」ですが、16世紀にペストが大流行し、ロンドン市民の三分の一もが次々と死んでいった時代。「生姜を食べていた人は死ななかった」ことが分かり、当時の王ヘンリー八世が、ロンドン市長に命じて「市民は生姜をしっかり食べるように」と奨励したというエピソードがあるほど、生姜は健康に効果的な食べ物として有名になりました。

生姜の効能は、発汗、鎮痛、強心、抗炎症、がんのリスクを下げる、うつ病の改善などなど沢山。
少し風邪気味の時は、生姜のすりおろしと蜂蜜をお湯で溶かして飲んだり、胃腸の調子がイマイチの時は、生姜のすりおろし、梅干し、醤油を番茶で割って飲んだり、腹痛の時は、生姜のすりおろしを入れたお湯でタオルを絞り、生姜シップをすると症状が緩和するそうです。

食事療法は体の自然治癒力を高めます。
調子悪いなと思ったら「生姜」!いつもの食事に少しだけ。
ぜひお試しください。