株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

両国界隈の自由すぎる街路樹

梅雨に入り夏本番まであと少しですが、最近両国の回向院界隈を歩いていたら、街路樹が植わっているであろう歩道の脇にビワの木が植わっており、鈴なりに見事なオレンジ色の実がついていました。
今の時期だと他に見ごろなのは、アジサイでしょうか。一か所だけ植えてあるところがあります。
「なぜこんなところに?!」と思いますが、よくよく思い返してみると、一昨年あたり歩道の脇にオクラやブドウやイチジクが生っていたのを見つけたこともありました。
おそらく昔からそこに住んでいる人が、思いつきで好きなように植えて楽しんでいるんでしょうね。

街路樹というのは自治体が都市計画のもとに植樹しているものだと思うのですが、両国ではそうそう四角四面にはいかないようです。
東京のくせに、下町って・・・どれだけ緩いんだ??

これからの季節、また一味違う街路樹を見つけることもあるかと思います。
両国界隈はぼんやり歩いてると発見を見逃すことになるので、要注意です。