株式会社アーティストユニオン

Newsスタッフコラム

薬食同源~きゅうり~

我が家は毎年きゅうり栽培をするほど、家族全員きゅうり好き。子供はおやつ代わりにバリバリ食べております。

きゅうりは、インドでは3000年も前から栽培され、日本には十世紀頃に渡来しました。意外と最近だったんですね。

キュウリやスイカなどのウリ科の野菜は利尿作用の強力な成分が含まれているため、高血圧・心臓病・腎臓病に大変効果があります。
ただし、体を冷やす陰性食品なので、冷え性の方にはかえって逆効果なので注意が必要です。冷え性の方は、ぬか漬けや浅漬けで塩を加えて陽性食品に変えてから食べるのをおススメします。
私は冷え性で漬物好き、子供は暑がりで生でバリバリは、知らず知らずに自分に合った食べ方をしていたわけですね。納得。

きゅうりの効果はそれだけではなく、実は皮膚や毛髪の健康に不可欠なケイ素が多く含まれているとか…気になる方は、この夏きゅうりをバリバリ食べてみてください。